骨粗鬆症を予防して病気の進行を防ごう|早めの治療で痛みを克服

病院

急病に対応

聴診器

子供から高齢者までが暮らす浦安エリアには、急病に対する診察を提案できる夜間診療が評価されています。夜間に対応している病院の情報に乏しい一般の方に対し、情報提供や相談窓口を設けるなど、安心できるサービスも打ち出しています。

読んでみよう

遠慮せずに受診を

看護師

子どもが熱を出したとき、このくらいでと遠慮する母親がいますが、状況によっては一刻を争うこともあるので迷うことなく伊丹の小児科を受診しましょう。伊丹の小児科では、子どもでも安全に服用できる薬を処方してくれます。

読んでみよう

信頼できる病院の選び方

医者

城東区で信頼できる内科を選ぶ時のポイントとしては、医師が目を合わせて話しをしてくれる病院が望ましいです。また診察の時に聴診や触診を行い、患者の話を最後まで聞いてくれる医師は、丁寧に診察を行っているためオススメです。

読んでみよう

骨密度を高めましょう

女性

サプリメントが人気です

骨がもろくなる病気のことを骨粗鬆症といい、背中や腰が曲がったり骨折しやすいといった症状があります。これは日頃の生活で気をつけることで予防することができます。まずカルシウムを積極的に摂りましょう。カルシウムが不足すると骨密度が下がり、骨粗鬆症になりやすくなります。カルシウムは体内へ吸収されにくい栄養素なので、積極的に摂取することが大切です。カルシウムの吸収を促すビタミンDやビタミンKも同時に摂ると良いです。サプリメントだと1日に必要な量を摂取しやすいので、人気となっています。女性は特に閉経後に女性ホルモンが低下して骨密度が下がるため、イソフラボンが含まれるサプリメントを飲むと良いです。その他にも骨の強度を高めるためのウォーキングを毎日適度に行うことも良いです。

若いうちから始めましょう

このような方法で骨粗鬆症を予防することが出来ますが、若いうちから意識して行うことが大切です。気をつけることで予防出来ることもあります。例えば痩せている人は骨密度が少ないため骨粗鬆症になりやすいといわれています。なので、過度のダイエットは控え1日に必要な食事量を摂るようにしましょう。そして飲酒や喫煙も、カルシウムの吸収を妨げるため骨粗鬆症になる原因となります。なので、できるだけ控えた方が良いです。子どもの頃から栄養価の低い食べ物を摂取したり、運動をしていないと将来骨粗鬆症になりやすくなります。子どもの頃から骨を丈夫にしておき、予防することで、大人になった時に骨粗鬆症になるリスクを減らすことが出来るのです。