骨粗鬆症を予防して病気の進行を防ごう|早めの治療で痛みを克服

病棟

遠慮せずに受診を

看護師

子どもの熱は軽視できない

子どもが急に熱を出した場合、母親としては非常に心配になるものです。子どもは一般に抵抗力が大人と比べてまだ弱いため、熱を出すことも大人よりずっと多いのです。そのため、あまり頻繁に小児科にかかるのはかえってお医者さんの迷惑になるのではないかとか、これくらいで小児科に行くのは大げさだと思われるのではないかなどと遠慮してしまう母親も伊丹には大勢います。しかし、やはり子どもの場合、遠慮していないで早急に伊丹の小児科を受診することが大切です。子どもが熱を出すのはよくあることではありますが、小児科に行かなかったときに限って深刻な病気だったというのはよくあることです。したがって、子どもの体調に異状が見られるときは迷わず伊丹の小児科に出かけましょう。

大人と子どもの違いは重要

伊丹の小児科では、熱を出した子どもに対してアセトアミノフェンなどの子どもでも安全に使える解熱鎮痛剤を処方して治療してくれます。子どもは大人と体重が違うので、同じ薬であっても処方される量はかなり少量となりますが、それだけではなく大人に使えても子どもには使えない薬も数多く存在するのです。そのため、大人用の薬を量だけ減らして子どもに与えるのは時として危険があるので避ける方がよいといえます。どの薬であれば子どもにも安全なのかは専門医の判断に任せた方が確実なので、伊丹の小児科医にゆだねるのがよいでしょう。伊丹の小児科では、子どもでも飲みやすいシロップタイプの薬なども豊富に用意されています。そのため、薬を飲むのが苦手な子どもでも安心です。